【比較】Googleマイビジネスで作るサイトorワードプレスどちらが集客におすすめか【お店向け】

2022年7月31日お店向け-ワードプレスGoogleSites,ネットショップ,Googleマイビジネス,wordpress

こんにちは、スキラゲックス(Twitter:@skillagex)です。

前回の記事ではGoogleマイビジネスのメリットデメリットを書きましたが、サイトCMS最高峰のWordPressとどちらがおすすめか、気になる方もいるのではないでしょうか。

今回はあるお店からGoogleマイビジネスで作るGoogleサイトとワードプレス、どちらがより集客に適していて使えるか質問があったので調べてみました。

前回の記事ではGoogleマイビジネスのメリット・デメリットについて詳しく解説していますので、興味のある方はご覧ください。

この記事は
  • Googleサイトでホームページを作ろうか悩んでいる人
  • ワードプレスなどほかの選択肢と比べたい人

このような方におすすめのコンテンツです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先に結論!

比較した結論は「どちらにせよGoogleマイビジネスは実店舗持ちは必ず必要」です。マイビジネスの登録は必須級ですね。

しかしサイトはGoogleサイトで十分かと言うと何とも言えません。ワードプレスとの比較する見方は「運用方法によってサイトを使い分ける」と言うのが僕の見解です。

Googleマイビジネスと比較!ワードプレスのメリット

細かいカスタマイズが可能

テーマにもよりますがカスタマイズ機能が充実しているので、幅広いカスタマイズが可能です。

Htmlとcssの知識があるとさらにカスタマイズの幅が広がります。

プラグインで自分でできるカスタマイズ

カスタマイズの特徴の一つ、欲しい機能プラグインをダウンロードするだけで機能を追加できるのがワードプレスの利点です。

このプラグイン機能も特別な知識がなくても使えるので魅力ですね。

テンプレートが豊富

無料と有料とありますが、無数にテンプレートが公式・非公式関わらず揃っています。

有料の方がサポートが充実していますが、無料でも十分対応可能です。

ドメインが指定できる

自分の好きなドメインを指定して設定することができます。特に.co.jpや.comなど日本のサイトだと分かってもらいやすく、開いても良さそうだという安心感がありますよね。

Googleマイビジネスと比較!ワードプレスのデメリット

電話やメールをさせるにはちょっとした技術、知識が必要

カスタマイズが自由度が高い分、自分である程度組み立て方を考えないといけません。

色々試行錯誤しながら、自分のショップにあったページ作りを目指す必要があります。

結論はどっちがおすすめなんだ!?

どちらを使えばいいかは、相談を受けて徹底的に調べた結果、サイトを作って、その後の運営の仕方や構成、癖などから判断した方がいいと気づきました。

ずばり、以下の当てはまる運営するスタンスで決めてください!

Googleサイトでもいいお店の特徴

Googleマイビジネスで用意したサイトで満足するのならそれで完結してもいいほどの完成度でした。それくらいGOOGLEマイビジネスの用意しているサイトテンプレートは完成度が高いということですね。天才が集まって作ってるんだからそりゃすごいですよね。

他とかぶってもいい、とにかく今は最新の情報と写真を更新してお客様に知ってもらうことが大事なんだ!というお店はGoogleサイトで十分です。

ワードプレスをお勧めするお店の特徴

ブランドイメージを打ち出したい、その為にWEB販促担当を付けるくらいWEBに力を入れたいお店様はワードプレスがおすすめです。

ショップサイト制作ツールを選ぶ3つの大事な基準とは?

上記の判断基準以外でも、とくに以下の3点を注力したい方はワードプレスがおすすめです。

UIを重要視しているか

使い勝手が集客やリピートに影響があることを理解できている方は、ワードプレスで理想のUIを目指されることをお勧めします。

SEOとコンテンツで集客に力を入れるか

お金を投入してサイトに力を入れる計測と対策を継続して行えるかどうか、です。

関連記事|【GOOGLEマイビジネス】ウェブサイトを作る&集客を伸ばす方法【お店向け】

規模が大きく、複数人での運営をする

多人数で運営を考えている場合はワードプレスの方が向いています。

ワードプレスなら管理人ごとに権限やパスワードを分けることができるので、複数での管理を安心かつ安全に行えるんです。

最後にまとめ

ワードプレス以外の店舗向けサイトもあるので、他の選択肢と比べながら選んでいきましょう!

スポンサーリンク

2022年7月31日お店向け-ワードプレス

Posted by skillagex