【POSレジ】今始めるべき「スマレジ」理由と共にお得なキャンペーンを紹介【小売店向け】

2022年10月3日お店向けサイト運営店舗運営,POSレジ,人手不足解消

【POSレジ】今始めるべき「スマレジ」を理由と共にお得なキャンペーンを紹介【小売店向け】TOP

こんにちは、スキラゲックス(Twitter:@skillagex)です。

忙しい中販売管理や集計、在庫との連携や管理はすごく大変ですよね。

できれば統一したシステムで管理・運営したいところ。そんな中販売記録をレジで一括管理・記録できるPOSレジというモノをご存じですか?

人手不足や時間不足、そして計画的な商品管理・発注を行いたいならPOSレジを導入を検討してみましょう。今回は会員数が115,000件突破の「スマレジ」をご紹介します。職業柄たくさんの小売店や小さなお店と関わらせていただいたので、その目線も判断基準として活かせれたらなと思います。

小売店様でPOSレジを手軽に導入したい方にお勧めしたいサービスてんこ盛りだったのでご紹介します。

この記事は
  • 経営者の方
  • 在庫管理担当の方
  • 接客担当、店舗管理担当の方
  • 経理、集計分析の方
  • 1店舗~多店舗運営の方
  • スマレジってどうなん?
  • 人手不足で仕事を短縮したい方
  • 業務やお金、在庫の見える化をしたい方

っていう方向けの記事です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

POSレジとは

POSとは「Points of sales」の略で「販売時点での情報の管理」という意味です。

レジスター機能と連動したのがPOSレジです。リアルタイムに販売した記録が残っていくので、在庫管理や問題点の抽出、顧客行動の把握など、経営者が喉から手が出るほど欲しかった情報がデータとして残せるPOSシステムを導入したレジの事を指します。

分かりやすい例がタブレット端末で受注をとったりレジ入力ができるようになったことでしょうか。

最近の進化は著しく、管理データはクラウド上なので、余計なサーバー機器などを置く必要もなくなり、省スペース化も実現。支払いも現金の他にもモバイルを使ったペイメント(電子決済)支払いにも、導入すればすぐに対応可能なので、現金管理も以前よりリスクが減りました。

管理・メンテンナンス費用も不必要。場所とスペースからも解放されましたし、お店で見かけることが多くなってきたように思います。

まずはPOSレジとは何か?詳しく調べてみる資料もあるので勉強するのも手かもしれません。

詳しく調べる|ホワイトペーパー「POSレジの教科書」無料で取り寄せる

スマレジとは

ゼロ円プランから気軽に始められるクラウド型POSレジシステムのスマレジです。調べれば調べるほど痒い所に手が届く欲しい機能は揃っているサービスだと感じました。

まず特徴的なのはクラウド型のタブレット型POSレジが利用できるという点です。

タブレットの利点である省スペースと持ち運びのしやすさ、誰でも直感的な操作で習得の簡単さがメリットです。またクラウド型の利点を生かしてバージョンアップやアップデートも豊富。タブレットが水没しても破損しても、データはクラウド上なので安心。買い替えれば次の日でも利用可能です。導入して終わり、ではありません。

導入後もどんどんお店を大きくしていけるし、それに対応できる長い付き合いができるサービスだと感じました。

詳しく調べる|【スマレジ】無料で資料請求する

スマレジの機能・特徴・メリット

【POSレジ】今始めるべき「スマレジ」を理由と共にお得なキャンペーンを紹介【小売店向け】01

どこを優先的に管理・改善していくべきかが分かる

ABC分析というどこに重点をおいて管理したらいいか分かる調べ方がすぐできる!

有名な法則の一つに「パレートの法則」と呼ばれるものがあります。別名「80:20の法則」などと呼ばれ、売り上げの8割を占める商品は全体の2割しかないというもの。つまりその2割の商品を 導き出して底を重点を置いて管理を強化すれば、最小の力で最大の売り上げを上げ続けることができます。

人手不足を解決するにはこういった無駄を見つけ重点ポイントを見つけることで、人員コストを抑えても問題なく運営をつづけられるか考えていくことも必要ですが、エクセルに実績を落とし込んでパレート図をつくるのも面倒!

しかしスマレジなら分析表が1発で出るので、分析の手間がいりません。あとは行動に移すのみ。

仕入時期が分かる

売れる時期、商品、パターンなど、お客様の行動パターンを分析できれば、いつまでにどれだけ準備すればいいか仕入時期が分かってお客様への欠品でご迷惑をおかけするのを減らすことができます。

ある程度予測ができれば、次の一手も早く考え始められますし、対策を早く動 けるので結局焦ってたたき売りセール!みたいな事にはならなくて済みます。

売れ行きに対して予測が立てられる

なぜ売れているのか?あてずっぽうで店長の勘で販売するのもいいですが、数字でより明確に確証を得られるようになると、再現性が取れるようになり、他の商品も同じようにすれば売れる!という販売マニュアルが作成できます。

実績をもとに調べることができるので、1度の成功 例を再現することができるようになり、他のお店や他のスタッフ、他の商品でも安定した売上を上げることができるようになります。

お客様の購買行動が分析できる

会員情報も管理可能になります。

お客様の購買時期、売れ筋、客酢別の売上、訪問記録もリストアップできるので、訪問の途絶えたお客様にDMを送ったりクーポンを発行したり・・・休眠顧客にもアプローチできるのでお客様の継続的な訴求と囲い込みも同時に分析することができます。

受注管理が一括で行える

在庫データを連携することができます。

楽天市場やYahoo!ショッピングのECサイトの受注・在庫状況を一括管理でき、店舗間の商品移動や次回の発注入出荷を担当者に知らせることもできるので、スピーディーな管理行動がとれます。

Shopify、BASE、カラーミーショップ、ECCUBE、MakeShopを利用してサイト販売を行っているならマジでおすすめですね。

クラウド型POSだからアップデートされ続ける

買い切りパッケージ型じゃないから、常に進化し続けます。

iPhoneやiPadのiOSバージョンがアップデートされても常に対応してくれるということです。

必要な機能をアプリでダウンロードできる

機能拡張がマイページからスマホでやるようにアプリをダウンロードできてしまう。

カスタマイズは追加料金と時間がかかってとても大変ですが、これなら打合せなど時間とられずに簡単にカスタマイズできるので忙しいオーナーも嬉しい機能では無いでしょうか。

機能拡張・サービス連携も幅広い

各種会計ソフトや各種サービスへのAPIを使った連携も可能。

タイムカードも拡張で追加できるので勤務時間の管理もこれ1台で完結できますね。

75%補助!IT導入補助金2022対象

なぜスマレジがいいかお勧めする大きなメリットの一つが「IT導入補助金2022」のサービスに選ばれている点。今から導入するなら、補助を受けないと勿体無いです。

最大3/4の導入費・機材費用を国が補助してくれるというもの。補助を受ける には申請が必要になるので、早めの準備を心づもりを立てておきましょう。

インボイス制度に対応

インボイス用に提出するレシートに対応しなければなりません。

スマレジも対応済みなので、これからインボイス対応を迫られているお店やこれから開店しようとしているお店なんかは、必須な対策なので検討材料の一つとしてご検討ください。

スタンダードプランは0円から利用スタート可能!

まずは試しに1店舗のみ0円から使ってみるのもいいかもしれません。

なんと言ってもタダですから。「使ってみないと分からん!」というお店にはもってこいではないでしょうか。

お得なキャンペーンあり

お知り合い紹介キャンペーンを実施中!

1店舗紹介につき2万円のプレゼントがもらえます。

詳しく調べる|【スマレジ】無料資料請求

スマレジPAYGATEを利用すれば幅広い決済に対応可能

今なら端末無料&手数料がお安くなるキャンペーン中!

決済周りを簡潔に、それでいてスマレジと連携してスタートが可能。支払いで機会損失しているお店はこのタイミングで同時導入を検討してみてはいかがでしょうか。

詳しく調べる|マルチ決済サービス【 スマレジ・PAYGATE】新規お問い合わせプロモーション

スマレジのデメリット

タブレットの導入する必要がある

今まで使っていた機器が使えない可能性があります。特にiPadなどタブレット端末がない場合は、購入かレンタルしなければなりません。

iPadも1番価格の低い型落ちで3万円台です。今まだ紙ベースで帳簿など管理しているなら、ペーパーレス化、電子化に踏み切ってみてはどうでしょうか。3万円以上の価値はあると思います。

いきなりのPOS化はとっつきにくい

イメージが湧きにくいのはすごく分かります。

そんなお店向けにショールームでの展示が見れるのがスマレジの強み。実際に触ってみないと分からないところも質問しながら確認できるので安心です。

お近くにショールームがないか一度調べてみてはいかがでしょうか?ヤマダ電機など一部店舗でもお試しできるようです。

詳しく調べる|【スマレジ】オンライン相談・ショールームを確認する

他のPOSレジも高性能なのでどれがいいか選びずらい!

店長・経営者の意識を変えなければ導入がむずかしい!

危機意識がある店長・経営者など幹部クラスの皆様の理解を得られない限り導入は難しいでしょう。スタッフの人手不足の解消、発注・管理の見える化、そして何より売り上げが今以上に上げることができることを理解してもらえれば動いてくれるはずです。

資料を見てもらうのはもちろんのこと、操作感や細かいわからないこと・確認したいことは直接聞けます!スマレジの強みはショールームがあり体験できること!実際触ってみて肌で使いごこちを感じてもらえれば良さが分かるはずです。

WEBディレクター的な観点でのおすすめできるメリット

WEB集客に必要な喉から手が出る情報がとれる

ウェブショップの改善と方向性決めに役立つ何となくや社長の一声で方針が決まることが無くなり、数字的に明らかな確証をもってすやるべき施策が見えてきます。

インスタグラム・UBERなどリンクさせたいサービスが盛りだくさん

SNSを使った集客でも、行った施策に対して効果が見れるのは心強いですね。

世の中考えてやってみたはいいけどやりっぱなし、結果データとは連携が取れないなんてこともありますから、データ計測者としては嬉しいサービスですよ。

スマレジの料金プラン

料金プラン月額料金商品管理数顧客管理数コールセンターその他補足
スタンダード1店舗のみ月額0円(税込)
プレミアム1店舗につき月額4,400円(税込)10万件(それ以上は従量課金制)10万件(それ以上は従量課金制)
プレミアムプラス1店舗につき月額7,700円(税込)10万件(それ以上は従量課金制)10万件(それ以上は従量課金制)
フードビジネス1店舗につき月額11,000円(税込)10万件(それ以上は従量課金制)10万件(それ以上は従量課金制)スマレジ・ウェイター(※)
リテールビジネス1店舗につき月額13,200円(税込)10万件(それ以上は従量課金制)10万件(それ以上は従量課金制)高度な在庫管理が可能なフルプラン

※スマレジ・ウェイター(飲食店向けのiPadや iPhone、iPodtouchを使ったオーダーエントリーシステム)を使った飲食店向けプラン。

相談方法は色々 ショールームでも体験可能

オンライン相談もあるのでまずは無料の資料請求で連絡を取り始めましょう。

まとめるとこんなお店におすすめ

下記に当てはまるお店は特に安心してお勧めできます。

  • 飲食店
  • クリニック、薬局
  • アパレル
  • 小売業
  • クリーニング業
  • 美容室、エステサロン、サービス業
  • イベント、催事
  • 百貨店、ショッピングモール

これらの店舗では導入事例もあり、ノウハウや法則がありサポートも充実していると思われます。

まとめ

人手不足、データ不足によるモチベーションの低下など、職場の問題を解決するスマレジ、一度詳しく調べてみることをお勧めします。

詳しく調べる|ホワイトペーパー「POSレジの教科書」無料で取り寄せる

スポンサーリンク

2022年10月3日お店向けサイト運営

Posted by skillagex