【kindle読書レビュー】『筋肉が最強のソリューションである』を読んだ感想【筋トレを始めよう】

2020年9月13日筋トレ・ダイエット,本-自己啓発・悩み・成長系kindle,読書,筋トレ,読書レビュー

【読書レビュー】筋肉が最強のソリューションであるを読んだ感想

こんにちは。スキラゲックス(Twitter:@skillagex)です。
今日はこの本、「筋肉が最強のソリューションであるを読んだ感想」を読んだ感想と自分の活動との絡めて感想です。

この記事は
  • 筋トレを始めたい人
  • 人生がうまく行かないと感じている人
  • 書店で見かけて気になっていた人

に当てはまる方に特におすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『筋肉が最強のソリューションである』を読んだ概要と感想

人生を変えたいと思っている人におすすめ

この本は単なる筋肉好きが語る筋トレの仕方、方法論の本では無いです。

タイトルの通り、ソリューション=人生を変えるための足がかりとして、筋肉トレーニング(筋トレ)がどんなにいいかを伝えていました。

死にたくなったら筋トレしろ

この提言は本当に救われる人が多いと思います。

本当に筋トレで変わるのか、と思うかもしれませんが、そこは騙されたと思って取り組むべきです。

人生嫌になって死にたくなったら何もできなくなりますよね。それよりいつでも殺せるという精神状態の方が良くないですか?いや、本当にやったらいけませんが。

とにかく精神が落ち込んでいるときは本当に辛いですよね。

何をやってもダメに感じたり無意味に焦ったりと精神的に苦痛を感じてしまいます。

そしてなんてメンタルが弱いんだと悩む。そしていつもメンタルを強くしたいと願うわけです。

しかしこの本でも言っていますが、メンタルとは強いフィジカルがあってこそ。メンタルはフィジカルの表面側でしかないのです。

筋トレは自分の体を鍛え、理想の体を追求し追い求める。どんどん目標をクリアしてバーベルを持てるようになったり身体を見て自分に自信が持てるようになる。

小さな成功体験の積み重ねが、自信につながり、体も心も大きくなれるというわけですね。

筋トレは精神的な効用も大きい

心への効果も注目したいですね。

ネガティブな感情や思考も晴らしてくれる効果もあるので、嫌なことがあったら酒を飲んだり飯を食べまくるのはやめて筋トレを始めたくなりました。

一番安上がりで誰にも迷惑をかけず、気持ちもすっきりしてなおかつ体も鍛えられるのって、もしかして最高なのでは?と感じました。

鍛え上げた肉体を持つと相手をひねり殺せる自信がつくという著者。相手にいくら罵倒されても気にならない精神状態を保てるということらしいです。

これはたしかに、「根拠のない自信がつく」というのはわかりますね。鍛えた後の謎の高揚感にはちゃんと科学的根拠があったということでした。

筋トレってデメリットはないの?

メリットばかり紹介しているだけではなく、巷で噂されているようなデメリットにも本書は切り込んでいます。

  • 体が硬くなって怪我しやすくなる
  • 病気になりやすい

しかし、どれも根拠という根拠はなく、全て反証がなされています。

今までの間違った筋トレ知識を最新のものに更新するという意味でも一読の価値はあります。

中でも自分の知識として良かったのは

  • 年齢によって筋トレは効果はあるのか?
  • 栄養の取り方、ゴールデンタイムの有無

は今までの自分の思い込みが全て覆され、目から鱗でした。

詳しくは本書を読んでみてください。

最後にまとめ『筋肉が最強のソリューションである』を読んで今すぐ筋トレを始めよう!

筋トレじゃなくでもいいんですけど、スポーツ全般にも言えることですね。

体を動かすことがやっぱりいいんだと思います。

しかしスポーツ始めるにも何から始めたらいいか分からないし、場所も特殊だからなかなか始めるハードルって高いんだと思います。

それに比べたら筋肉を鍛えるトレーニングなんてジム行けばできるし、最悪家でもできる。
食事と睡眠にも筋肉には影響してくるから健康的な生活になる。
そう言った始めやすいメリットが多いのが特徴だなと思います。

僕の場合はゴールを特に設定していません。

奥さんは目標体重がゴールですが、僕は理想の体を手に入れたいと言うのと、精神的な効果が魅力的に感じました。

「死ぬぐらいなら筋トレしろ」という著者の熱いエールはまんざらばかにできないなと感じました。

面白いですし、変わったエピソードが漫画になって間に展開されるのでとても読みやすいです。おススメです。

スポンサーリンク