Chromeが強制終了!?原因と復元の方法

2019年7月9日ChromeChrome

Chromeが強制終了する原因と復元の方法@skillagex.com

こんにちは。カレーにはまったスキラゲックス(https://twitter.com/skillagex)です。一番美味しいのはクミンシードやスパイスをふんだんにつかったほうれん草カレーですね。チーズも当然乗せていきますよ。

今回はiPadを使っていて、chromeの挙動がおかしくなって強制終了&復元を繰り返していたので、その問題の報告と原因と改善方法をメモします。

これよりいい方法があったらさらに改善して記事修正します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Chromeとは

https://apps.apple.com/jp/app/chrome-google-%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B6/id535886823

言わずと知れたgoogle製のブラウザ。会社のパソコンにもスマホにも同期できて、履歴やお気に入りも共有できるので重宝する。

問題が起こった状況

  • 機器:iPadPro
  • iOS:12.31(最新ではない)
  • ブラウザ:Chrome
  • OS:73.0.3683.88 

起こった状況

iPadProのアプリを切り替えたり、一旦閉じる。そして再度Chromeを立ち上げるとリロード画面になり、(アイコンが真ん中にドンと出る)強制的に開いてる全タブページがリロードされる。

タブをついつい開きっぱなしにして、40タブぐらい開いていた。それでも動いてくれている状態。

ひどい時は操作中でも、例えばワードプレスのブラウザ版が好きでよくクロームで編集しているのだが、ブログの編集をしている時でも急にフリーズして、しばらくしたのち上記の強制リロードと同じ状況が起きる。もしくはアプリがパッと閉じてしまう。

もう一度恐る恐る開いてみると全タブが閉じている状態。「タブを復元する」を選択すればかろうじて復活するが、ログインし直さないといけない。

原因を確認する

解決案を試していく

1、タブの開きすぎ四十以上も同時に開いていたので、半分に減らしてみた。だがあまり効果はなかった。開きすぎもメモリを使ってしまうのであまり良くはないはず。

2、iOSのバージョンが古いこれはずっとアップデートを保留にしていたので、問題として挙げられるのはわかってはいた。しかし、このあと試した方法で解決したので、タブレット機器のOSは関係ないようだ。

3、Chromeのバージョンが古い確認したが、古くはない。それもそのはず、ChromeのOSはアプリのアップデート更新時に自動的にバージョンアップする仕組み。ずっと保留にしていたならいざ知らず。

4、appstoreでアップデート情報を確認する最新のOSであっても、新しくアプリのアップデートがきているかもしれないので、appstoreのアップデート情報を確認する。すると最新バージョンが出ている。

これが原因で挙動がおかしくなっているわけではないとは思うが、バージョンアップを利用することで改善することが前回もあった。というか前回も挙動がおかしくなったと思ったらアップデートが来ていた。

解決案を試した結果

・・・なんか操られている気もするが仕方がない。アップデートするとピタッと治った。ガッデム。

考えられる理由

Chromeは負荷が結構かかるアプリで、サクサク動くイメージだが結構メモリを食っている。アップデートのタイミングで都合よく悪くなるのはなんだか理由がありそう。
アップデートの仕方各ストアでChromeアプリをアップデートしよう。

結果

アップデート後は強制終了することもなく、正常に動いている。急に消えると動画もブチっと切れるし、ログインしていた画面も全部やり直しだしいいことがない。

いつどんなことがあってもいいようにお気に入りやブックマーク、「後で見る」機能を利用してタブを減らして見ていこう。反省。

スポンサーリンク

2019年7月9日Chrome

Posted by nitrokonb