【ルクセリタス 】高速化は最後の仕上げが重要です【WordPress】

2020年5月28日ワードプレスwordpress,ルクセリタス

【ルクセリタス 】高速化は最後の仕上げが重要です【Wordpress】top@skillagex

こんにちは。スキラゲックス(Twitter:@skillagex)です。

このサイトはワードプレスで運営しているのですがテーマをルウさんの『ルクセリタス 』というワードプレステーマを使用させてもらっています。

前回はSiteSpeedInsightでスピードを計測と、EWWW-Image-Optimizerという画像軽量化プラグインを使って、ブログサイト高速化の微々たる努力を続けてきました。

今回は最後の仕上げ、テーマ自体の見直しと改善方法です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最後に確認するポイント

もう一度サイトスピードインサイトで測ります。

サイトスピードインサイトはgoogleが無償で提供しているサイトスピードを図る便利なツールです。

結果を読み込んで行きます。解決すべき提案の順序が変わり、次に優先すると大きく改善される提案が上がりました。

今回僕に課せられた改善点はイメージ画像の遅延表示をせよということでした。

これを解決していないとスコアは劇的には上がりませんでした。

前回は元凶を直した→今回は表示の仕方を調整するって感じですかね。

イメージ画像の遅延表示とは?

サイトの記事文章と一緒に、画像データもサイトを表示させるときにサーバーから通信して取得しています。

なので画像が重かったり、量が多いと表示に時間がかかってしまい、その分離脱率が上がる傾向にあるのでgoogleは画像表示の配慮をしていないサイトに対して、低評価を下します。

前回画像データの縮小が済んだので、次はワードプレステーマの方の読み込み遅延方法を実践します。

これによりスクロールするごとに読み込むようになり、無駄な画像取得通信が削減でき、なおかつサイト表示スピードも上がるっている寸法です。

施した結果は・・・

まあ予想通り、読み込むと出る重い動作が軽くなりました。そしてサイトが開きやすくなりました。

設定方法は?

ルクセリタスの「ダッシュボード」 「Luxeritas」の「カスタマイズ」で調整します。

テーマによっては遅延の設定が設定で変えられたり、プラグインで追加・変更が可能です。僕の使っているテーマはルクセリタスですが、製作者のルナさんのサイトに親切に載ってました。リンク色々あるので試しまくります。

試した高速化への取り組み

  • 画像の読み込みの遅延
  • JavaScriptの圧縮
  • 不要なCSSの読み込み排除

どう言うこっちゃ?どうしたら良いの?と思われるかもしれませんがご安心を。

全部クリック一つで変更できちゃうんです。すごい。

詳しくはルクセリタスの公式ページに、高速化のために色々することが書いてあるのでそちらの最新情報を確認した方がいいです。

一通りやってやっと効果が現れ始めました。

高速化施策後のスコア

PageSpeedInsightがようやくPC・スマホで両方ともスコア80以上に。

もうこれ以上は上がらないと判断し終了。あとは重い画像に気をつけて、軽量化を日々心がけるだけです。

あわせて確認しておきたいこと

テーマのアップデート

テーマが古いとスピードが遅く感じます。

一年以上テーマのアップデートを保留していたので新しくすることで不具合は治ります。

テーマのバージョンも一応チェックしておいたほうがいいですね。ルクセリタスは頻繁にアップデートしている他、ワードプレスのバージョンアップにも対応してくれます。

最近はずっと欲しかった文字間隔の調整が可能に!バージョンアップしないのはもったいないです!

詳しい仕組みや設定の機微はさておき、今回のこのページ読み込み速度の見直しで、気をつけるところが何となくわかってきたように思います。

それがわかったのが今回の収穫です。

まだスピードを上げたい人は

もし格安のサーバーをレンタルしているのなら、サーバーを乗り換えることをお勧めします。

ぶっちゃけサイトスピードはサーバーにいくら金かけているかで決まっちゃうので、どうしても妥協したくないとか、サイトの規模が大きくなってきたのならサーバー以降を試してみてはいかがでしょうか?

僕もサーバー費用が気にならない規模になってきたら乗り換えてみようと思います。

それまではコツコツ積み上げるのみ!です。

スポンサーリンク

2020年5月28日ワードプレス

Posted by nitrokonb