【WordPress】検索数がアップ!読まれるブログ記事タイトルと+αのテクニック6選

ワードプレスwordpress,ブログ

こんにちは。スキラゲックス(Twitter:@skillagex)です。

今回はWordPressでブログやっていく上で必要な効果的なタイトルの付け方を僕なりに手応えがあったやつを公開していきます。

まず最初に訴えたいのは・・・タイトルつけるのめんどくさくないですか?それは毎回一から考えて作っているからに他なりません。

あるテンプレに当てはめれば自動的にタイトルなんて決まっちゃってあれよあれよと時間短縮できちゃうって話です。

なぜ検索数がアップするのかタイトルを検索されやすいキーワードに設定すると検索数が増え、クリック数が上がる・・・これは分かりますよね。でもそれだけじゃダメなんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスがアップするタイトルの付け方

その1:タイトルは記事を書く前に70%決まる

これは記事タイトルを決める上でまず考えて欲しいことなのですが、あなたは記事を書き終わった後に付けていますか?

記事の内容によって変わるのは仕方のないことですが、それでは狙った文章を書くことができず、「あれ、こんな文章書きたかったんだっけ」と着地点があやふやになることがあります。

せっかく書いたのでいざ修正しようと思ってもできず、結局何を狙ったタイトルかもわからず意味のない投稿に・・・

そんなことを防ぐためにはある程度このキーワードで探しにきた人に読んで欲しいというキーワードを抽出して思いつく限り並べておきます。

例えばこのタイトルの付け方に迷っている人向けの記事なら、「ブログ」「タイトル」は必須で書きます。あとは慣れていない人向けに「初心者向け」といったキーワードがあっても良いですね。

その2:タイトルはキーワードを決めて

記事のタイトルはキーワードを最大3つ以上組み合わせてタイトルを作りましょう。

主要な集客が見込めるビッグキーワード、それと組み合わせるスモールキーワード、さらに競合とは会敵しないずらしキーワードなど組み合わせると良いと言われています。

さっき出したキーワードをそれぞれどういう分類のキーワードか当てはめてみると必要か必要ではないか分かります。

主要キーワードがビックキーワードだと検索数は多いです。

競合が多くてなかなかクリック数は稼げないですが、スモールキーワードで詳細やお困りごと解決を入れ込むと検索数の上位に上がることができ、結果検索数が上がります。

さっきの例でいうと「初心者向け」とかですね。それ単体ではあまり意味がないですが、「ブログ」などと組み合わせると「ブログを書き始めた初心者向け」の記事に的を絞ることができます。

体感ではビッグキーワードでもサブキーワードがニッチだと検索数が稼げる印象です。しかし今の所狙って取れていません。偶然そうなったというのが正直なところ。

キーワードの見つけ方Goodkeyword」など利用して皆が検索しているキーワードを探しても良いですし、今は使いにくくなっていますが「Googleadwords」の機能を使ってキーワードと検索数の変動や広告費のかかり具合を見てタイトルにふさわしいキーワードを見つけるのは良いと思います。でもいちばん簡単なのは自分でキーワード打ってみて、検索結果と検索数を観て需要があるか無いかを判断するのがいちばん手っ取り早く確認できるのでそれだけでも記事数100行っていない人はそれだけでも十分だと思います。

その3:タイトルはどんどん改善していこう

一度決めたタイトルも見直してみるともっと良いキーワードが見つかったり、検索数の多いキーワードを追加したり、見つけやすくヒットしやすくするために推敲はどんどん重ねていきましょう。

WordPressは記事が整理されているのと検索ですぐ過去記事が見つかるので変更も楽々。

その4:タイトルとパーマリンクは統一する

WordPressは初期設定でリンクを自動生成してくれる機能があります。

そのリンクをパーマリンクというのですが、タイトルのキーワードと揃えると探す方も探しやすいですし、管理している側も管理しやすいのでおススメです。

その5:タイトルと中身のH2〜H4タイトルを揃える

検索キーワードで例え引っかからなかったとしても、関連キーワードとしてH2〜H4タイトルでキーワードを使用しているとgoogleが「この記事の内容は検索している人にとって有益な情報だ」と判断して検索順位の上の方に持ってきてくれることがあります。

今はそれだけgoogleの検索も高度になってきています。なのでタイトルと各H2〜H4タイトルは関連づけてキーワードを揃えましょう。

その6:ターゲットを意識してつける

読んで欲しいターゲットを具体的にイメージして文字に落とし込みます。

相手は何歳で性別、読んでいるタイミング、時間、どんな心境でこのキーワードで探しに来るかをイメージしてタイトルをつけます。

タイトルつける上での注意

ぶっちゃけタイトルでも差別化が難しい時代です・・・

ありふれた記事タイトルや、皆一様に無難なテンプレタイトルになりがちなので、今後一層読まれるためのタイトルづくりというのは研究されていくでしょう。

しかし基本は読みやすい・探しやすい・分かりやすいことが大前提。そこはきっちり抑えていけばまず問題ないはずです。
これらの基本を抑えた上で、他に負けない記事やコンテンツを用意して、がっちり閲覧に来てくれた人を逃さないようにしましょう。

最後に

序盤にも書きましたが、タイトルは記事を書き始めた時にはすでに必要なキーワードが決まっています。

あとはそれを読んでくれそうなタイトルに味付けするだけ。

あとは慣れてひたすら描いていくのがいちばんの上達への近道だと思います。そうでないと身につきません。実践あるのみ。どんどん書いて経験値を増やしていきましょう。

スポンサーリンク

ワードプレス

Posted by nitrokonb