【Kindle読書レビュー】『HTML5&CSS3デザインブック』を読んだ感想

本・実用書【WEB】kindle,読書レビュー

こんにちは、スキラゲックス(Twitter:@skillagex)です。

今回は「HTML&CSS3デザインブック」を読んでスキルアップしたかレビューします。

この記事は
  • この本を買おうか迷っている人
  • ウェブの構築のスキルを学びたい人
  • 脱初心者したい方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『HTML5&CSS3デザインブック』を読んだ感想

レスポンシブデザインの仕組みが学べる

WEBの見せ方において、「レスポンシブ」仕様で準備、作成することはスマートフォンにも対応したサイトがGoogleから評価されるポイントとして項目に入っている以上、必ず手に入れておきたい知識と教養と言えるでしょう。

この本はどうしたらレスポンシブ対応のサイトが作れるか、ゼロの状態から組みながら教えてくれる本です。

レスポンシブの非対応のサイトから対応させるのは作業的に大変で、位置から組んだほうが早いと思うので、この本から学ぶのは間違いではないと思います。

良かった点

  • 繰り返し教えた所を応用して次のステップに進んでいくので、復習しながら勉強出来る。ちょっと時間が相手も、「P.○○の応用で〜」とか書かれているので戻って読めば思い出せる。
  • サンプルデータダウンロードサービス付きなので、サンプル例を見ながら間違いを正す事ができる。自分も途中で間違ったまますすんでしまい、どこがおかしいのか分からなかったが、サンプル例と見比べて、どこが間違えているのか、また自分がどこが弱いのかが把握出来るのが良い。僕はCSSのコードの綴り間違いが多かった。

悪い点

ある程度基礎的な要素は飛ばして内容は進むので注意。

索引書を開きながらか、先にサイトの基礎的書籍を読むとより理解力は高まると思います。

完成形までは持っていけるがすぐ使えるような完成度はないです。

シンプルなブログタイプでデザインも最低限なものなので、カスタマイズするにしても骨が折れそう。シンプルなカッコ良さがあればいいんですが、それも無いのでブログ作るならワードプレスの純正テーマを素直に使った方がいいです。

スポンサーリンク

本・実用書【WEB】

Posted by nitrokonb