【SEO】集客に強いテキストリンクを考える【内部施策】

2021年1月2日ブログ運営SEO,ブログ記事,内部SEO,内部施策

こんにちは、スキラゲックス(Twitter:@skillagex)です。

今回はテキストリンクを貼るうえでどの方法がベストか?現状強い施策はどれと言えるのか考え、まとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テキストリンクとは?

テキストにリンクを埋め込み、その言葉やキーワードに対して更に知りたいときに押していくと、より詳細な情報が表示される方法です。

テキストリンクを増やす利点

次のページに移動してくれる可能性があります。つまりアクセスがアップします。

途中でキーワードについて深掘りして知りたくなった時、別のブラウザ画面を開き直す事なくストレスフリーで調べる動きにつながるので、ユーザーの行動にとって優しいといえます。

つまり使い勝手がいい=いいサイトという評価につながります。結果アクセスアップという数字に現れるんですね。

テキストリンクの貼り方

WordPressでの設定方法

ワードプレスならリンクマークを押して、URLを貼って決定でok。

HTMLでの設定方法

<a link="○○.com">キーワード</a>

キーワード部分にダブルクォーテーションに設定されたURLリンクが貼られている状態になります。

色々強いテキストリンク対策考察

相互リンクさせる

ページ同士をしっかりリンクさせ合って、行って戻ってが容易にできるようになっているとみている側も操作しやすいサイトです。

一方通行になっていると戻ってこれなくて最悪放浪の旅に出ることも。

リンクテキストの色を変える

リンクしているテキストは色を変えて、テキストリンクであることをアピールしよう。青はリンク未クリック、赤はリンククリック済みなど一目でわかる工夫がほしい。

リンクテキストの下に下線を引く

色を変える以外にも有効な手法として、リンクテキストに下線を引くことでリンクさせる方法。

色を変えるか下線を引くかのどちらかをサイトの雰囲気に合わせて選ぶことが多いです。

外部リンクにも飛ばす

極力自サイトで解決できる範囲でリンクを貼っておくべきです。

しかしアンカーリンクの場合は自分のサイトに無理にリンクを作らずに、無い時は外部に飛ばしてあげるのも時には必要だと感じます。

他社への思いやりがまわりまわっていい読者を作ると感じています。

ただ外部にいきなり飛ぶとユーザーフレンドリーではないのできちんとリンク先の説明や注釈を入れることが必要だと思います。

リンク記事の注意点

関連性もない記事をわざとらしく貼るのは、サイト運営者の感嘆が見え見えになって訪問者は冷めます。逆効果なのでやめましょう。

あくまでも自然かつ訪問者が求めている誘導であることがユーザーフレンドリーなサイトとしての条件です。

スポンサーリンク

2021年1月2日ブログ運営

Posted by nitrokonb