iPadProを買って生活と考え方が劇的に改善した話

2020年6月3日ブログ運営,iPadiPadPro,マインドハック

こんにちはスキラゲックス(Twitter:@skillagex)です

今回はiPadProを買って生活がどう変わったか?

生活の変化と変わった考え方を中心にレビューします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

買う前の生活環境は悪かった

パソコンで作業をすると、夫婦の時間が短くなるのが問題でした。

クーラーが寝室にしかなく、パソコンとデスクも同室にあるため、彼女の就寝時間と自分の分の作業時間がかぶるのを回避したかったんだ…。

ただでさえ眠りの浅い奥さんを起こさない。なおかつ日常では側にいながら話をしながら作業できるのはいいなーと思いました。

新たに買うか、いっそクーラーを買うかという浅い考えでモヤモヤ悩んでいた時にタブレットという選択肢が降ってきたんです。

そういう解決方法があるのなら、多少の金銭はかかっても、現状の問題が解決できるのなら喜んで出資しますね僕は。

これからやってみたい「イラスト」「プログラミング」ができる条件が詰まっている事。なおかつ持ち運べるという理由でiPadProを選んだのでした。

いざ購入

購入したのはiPad Proの12.9インチ。

あとはApplePencil

買う前に散々迷ったが、「イラスト」が描きやすいこととあくまでも自己学習のために使うのであって、持ち運びは犠牲にしても問題ナシ。

家の中ぐらいを自由に移動し、操作性が高い大きいサイズであることが一番重要だと今は実感しています。

そしてやはりApple Pencilの性能を最大限引き出せるのはProだと思い購入。

その他の購入して良かったポイント

  • 大きい画面。色んな人がレビューしている通り、居間でリラックスしながら動画見たりする事はせずに、自分のブログ、イラスト制作、プログラミングの勉強もしたい、あれもしたいこれもしたいと考えて大きいサイズをチョイスした。ソファーで寝っ転がりながら使いたい人は、iPadで十分すぎると思う。
  • イラスト制作重視。趣味のイラスト制作をどこでもできるようにしたかった。喫茶店や図書館、自分のような自分家難民の方々にはもってこいではないだろうか。
  • アプリはAdobe Sketch・Procreateの2つを使って絵柄やタッチによって変えながら試しているところ。これはフラットに描きたいとかこれは厚塗りでがっつり描きたいなど、筆設定ごとアプリが切り替えられるので楽。そういった設定保存が出来たらいいのに。
  • 土日の時間が自由に。もちろんその時間を記事制作に当ててもいいのだが、2人の時間は残したいので土日は基本的に空き時間しか触らない。日々の家事がメインで課せられた仕事なんや…
  • 会社に持って行って朝の早い時間は自己学習にiPadを使う。会社のパソコンではできないApplePencilを使った作業をするのに丁度いい時間。
  • アウトプットするためには情報を手当たり次第に見に入れていかないといけない!これはブログを始めた影響だけど、なんでも吸収する頭になっている。この習慣を始めるまではなかなか根付かなかった習慣。

iPadの本当の利点に気づいた!

もちろん持ち運び出来ることやキーボードと合わせた場合、用途によって切り離すことができる。

最初こういった携帯性が受けているのだと考えていたのだが、最近はもう1つ重大なポイントを見つけました。

もう1つ購入した人たちが心の奥底で抱いている深層心理に基づいたニーズ、それは自分の時間をフルにクリエイトの時間に当てることができるということ。

自分の時間がもっと生産的になったらいいのに!もっと自由に使えたらいいのに!と思っている人は多いと思います。

これを今読んでいる人も少なからずそう思っていると思います。

今後のタブレットを取り巻く環境の変化

またこれからの若い世代にはタブレットはあるのが当たり前になっていくでしょう。

パソコンやケータイと同じくらいみじかな機器、それがタブレットである。今時の子供達は自由にタブレットを操作してユーチューブで自分の見たい動画を探して見ています。

あるのが当たり前の世代には、まず要るかいらないかのハードルが無いですよね。必要か不必要かを検討する事がないのである。親が持ってたから私も買うと言った感じで。

学校に通いながら。もしくは社会に出て働きながら。人は自分というものを発信し続けて行く。

それはスマートフォンやノートパソコン、タブレットと言った持ち運べてなおかつ自由に使う制限のないものが主流になって来るはずだ。デスクトップパソコンとは完全に使う場面と使う層が分かれているように感じます。

自分は何者なのか、自分を表現するために、小中高や大学に行く必要がない世界がもう間も無く来ます。

今なりたい職業で人気のユーチューバーなんて、もはや学校行く必要すらなくし始めています。

一億総クリエイター時代には必須

一億総クリエイター時代とはYouTubeやInstagram、今はTikTok、いろんな配信の媒体が人々と働き方、自分の価値の発信の仕方を変えたことによって生まれた言葉。

一人一人が発信者であり、コンテンツの作り手になり得る時代だ。

そんな時代にあなたは何を準備する?

僕はipadという一つのツールでした。

あなたは何を用意しますか?

スポンサーリンク

2020年6月3日ブログ運営,iPad

Posted by nitrokonb