【kindle読書】『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』のレビュー

2020年5月2日読書-お金の運用レビュー,,読書

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!のレビュー@skillagex.com

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!のレビュー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本を読んだ感想

年金が将来的に支払われない可能性があるという問題が上がる中。一人一人のお金の運用スキルが求められてきた。慌てて勉強し始めた人も多いのではないか。

僕もその1人。しかし、どれから手をつけたら良いかわからない。

その時嫁に勧められて読み出したのがこの本。

結論から言うとリスクは知識を蓄えることで最小化できる。
リスクない運用は無理と心がける。

内容について

何故この本を薦めるかこれから必要になるであろう老後を送る上である前提で納めている年金だけど、今後は自分たちでお金を運用して管理していかなくちゃいけない。

老後は2,800万円必要だと政府が発表して話題になりましたよね。最初は2,000万だったのに!

もうあてになりません。

でも何からやったら良いの!?そんな時の入門編として、本書はぴったりだと思います。

どんな人にオススメ?

株や投資の事に少しでも興味がある人。

これから始めたい、又は知っておいて把握したい人。でもこの本の内容から、損したく無い人、がピッタリくる。

そして皆が興味があるけど仕組みや詳しい方がわからない株や保険のことまで。

そしてメインはお金を運用するために、素人(本書でそう呼称されている)が何をとにかくやれば大失敗する事なくこれも言い切れないが。始めるにあたって簡潔にまとめられた良書。

そのための前提の知識を、限りなく僕ら素人に近い感覚で話すヒアリング側と聞く側とフィナンシャルプランナー側とで質疑応答形式で進む。

途中の言いくるめられているところとかまるで自分のようで笑える。知らないと何も言い返せないのだ。

運用方法の部分は、固定拠出金とかもう取り組み始めている人には当たり前の情報しか言ってないと思う。

この本は全くいままで勉強してなかった人、これから始めようとする人、何から始めたら良いかわからない人にとってはある程度疑問から解放されてやってみようと思える内容になっている。

この本を読んで欲しい人

会社に勤めている人や、これから先、老後に向けてお金を2,800万準備したい人。

子供が生まれて貯蓄に不安が出てきた人など。

どういう時に読むと良いかこれからどんどん年金の代わりに運用を始める人は増えるだろう。

一人一人がお金を運用していく時代。何が良くて何がダメなのか、ただでさえ複雑化された株、国債、インデックスファンド、確定拠出年金色々あるけどどう違くてどれを選べば良いかを説明してくれるので、すごく助かる。

ここがよかったポイント

年金が完全には無くならない理由が説明されている。

気になっていたニーサとイデコの違いがわかった。

いや。厳密にいうとまだ頭の中でこんがらがっているが、それぞれがどういう成り立ちで、どういう運用が向いていて、なおかつ始めるには何故良いかを、紐解いて説明してくれるのはありがたい。

ネットで検索してもいまいち要領を得なかったんだけど、この本でようやくわかりかけたかもしれない。

そして働きながらできる運用が一番安心できる事。いきなり株に手を出すのではなく、ここからなら働きながらでも比較的安定して運用できるという方法が載っている。

これからのお金の運用は

やっぱり自分次第?本書でも述べているが、銀行や保険では自分の老後は保証できない。

不安はあるんだけど何から始めれば…という人はまずこの本を読み始めてまず間違いないだろう。

スポンサーリンク

2020年5月2日読書-お金の運用

Posted by nitrokonb