【Yogibo】 クッション付きテーブル「トレイボー」はあるといいとかいうレベルじゃない必須よ必須

2021年9月25日ガジェットグッズ

ソファーやベッドで作業する時、パソコンの置き場所に困ったり膝やお尻が、首の曲げすぎで痛くなったりしていませんか?

クッション付きの作業台Yogiboなら膝の上でパソコンを広げて作業したりノートを広げて書き物をしたりできるし。何より疲れないのでいいですよ。

この記事ではテレワークや在宅ワーク、副業、家の雑務を好きな場所で仕事したい!と言う夢を叶えたい人の助けになるはずです。

この記事は
  • 最近腰が痛い人
  • Yogiboのトレイボーを買おうか迷っている人
  • ノートパソコンやスケッチをソファーやベッドで長時間作業したい人
  • テレワークや在宅ワークで家で作業する人

におすすめの記事です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Yogiboのトレイボーとは

外部リンク|ヨギボー公式オンラインストア

ビーズクッションで有名なYogiboは今までにないきめ細やかな触り心地と、人より大きい大型なビーズクッションが有名ですよね。

今はアイドルグループのNIZIUともコラボしたことでCMでも最近宣伝してますよ。調子いいみたいです。

そんなYogiboからトレイボーが発売されました。クッションとトレイ(机)を融合させた、膝上に物を乗せたでの作業を楽にするアイテムがトレイボーなのです。

トレイボーの使い方

膝、太ももにかけて乗せて使います。

トレイはしっかりした厚み1.5センチほどの木製のボードです。

まあまあの重さのはずなのですが、下部にビーズクッションがくっついているため膝やモモ上に乗せても重さが分散して全く疲れないというワーカホリック製造機なのです。

今買わないといずれ国連かどこかに危険視されて止められるのでは?と言うくらい快適です。

このトレイボーがないと身体に負担がかかる

我々人間の身体は、膝上に物を乗せながら作業するには構造上不向きです。

胴長の日本人は特に、膝上に乗せてパソコンなどの作業すると思った以上に下に位置することになり、首、手首、眼にきつい体制を強いることになると思います。長時間の作業は身体を痛めてしまうことになります。

それがトレイボーを乗せることでパソコンのディスプレイなどがちょうど楽な位置に来るのです。ちょうどきて欲しかったところにくるので感動します。

もしソファーやベッド上でタブレットやスマホを操作する人も、机台にタブレットを立たせる窪みがついているので、ディスプレイを立たせながら動画視聴したりもできます。

実際に購入・検証してみた

初めは店頭で試してみました。実際に体験した方が良いです。

店頭では下にYogiboを敷いた上に座って、上にトレイボーを乗せてもらったのですが、上下共に無重力でした。それくらい分散しているので重さを感じませんでした。

今まで損していたと言う話

身体を痛めながら作業していたのが馬鹿らしくなってきました。

ノートパソコンやiPadなどのタブレットだけではなく、漫画を読んだり雑誌を読んだり、日常の何気ないリラックスタイムも腰に負担をかけずに過ごせそうです。

おすすめの組み合わせセット

トレイボーも良いのですが、是非セットであると良いのがクッションです。座る時に腰にも負担がかかっているので分散してあげないとトレイボー分の重さも乗っかっているのでクッションも買いました。

これがおすすめ。1人分で座るのにちょうどいい。

Yogibo トレイボーの買ってよかったポイントまとめ

パソコンを膝の上に置いて作業できる

首を下げすぎな状態から丁度いい状態で維持できます。

ベッドやソファーで作業できる

場所を選ばず作業できるので結果、移動しながら長時間作業できるようになります。

思ったより重さを感じない

膝に乗せると重さが分散し重さを感じないです。

色が選べる

7色の中から選べるので、お部屋のインテリアの色味に合わせて選べます。

iPad載せるとピッタリ

これはiPadを持っている人に特におすすめしたい!サイズぴったりです。

最後にトレイボーのレビューまとめ

まだまだコロナ感染が収まらない中、自宅で集中して作業する事が今後ますます増えていくと思います。

デスクがない方はソファーやベッドを使うしかない中、膝や腰への負担は馬鹿になりません。

快適な環境は仕事の質も上がりますし、何より自分の将来の健康への投資と思えば決して高くはない、むしろお安い買い物だと思いました。

スポンサーリンク

2021年9月25日ガジェット

Posted by nitrokonb