【レビュー】イラストに必要な要素だけ比較したiPadの選び方【お絵描き】

2020年6月17日iPadiPadPro,iPad,iPadmini,iPadAir,イラスト製作,比較

こんちは、スキラゲックス(twitter:@skillagex)です。

iPadを買いたいけど、どれを買っていいかわからない方、多いですよね。

僕もその中の一人です。

なるべく後悔しない選び方をしたいですよねー。

今回はお絵かきの使い心地を気にされてる方向けに特化した記事です。

この記事がおすすめの方
  • どれを買えばいいか分からない
  • iPadとそのほかのタブレットを使い分けたい
  • お絵かきメインで使いまくりたい!

以上の対象の方に読んで欲しい記事です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPadは何種類?

大きく名称ごとに分けると2019年現在は4機種が現行機として発売中です。

  • iPad
  • iPadmini
  • iPad Air
  • iPadPro

です。

サイズiPadProだけ11インチと12.9インチの2サイズ出ています。

大きさ順に並べると

  1. iPadPro 12.9inch
  2. iPadPro 11inch
  3. iPad Air
  4. iPad
  5. iPadmini

です。

  • iPadはライトユーザー向けの入門機
  • iPad Airは大学生や社会人などアクティブなワーカー・エンジョイ勢向け
  • iPad Proは仕事でも使える画像・動画編集者向け

こんな感じでしょうか。

絵描きならここにこだわりたいポイント

お絵描きに直接関係してると思われる、箇所を抜き出して比較してみます。

主に・サイズ・重さ・画面サイズ・容量・滑らかさ、直接関係していそうなポイントに絞っています。

そこでイラスト制作に直接関わるポイントを抜き出したのが以下の表です。価格と気になるスペックだけまとめました。

機種名iPad Pro 12inchiPad Pro 11inchiPad AiriPadiPad mini
価格111,80089,80054,80034,80045,800
画面サイズ12.9inch11inch10.5inch10.2inch7.9inch
重さ631g468g456g483g300.5g
キーボードSmartKeybord FolioSmartKeybordSmartKeybord 10.5SmartKeybordBruetoothキーボードに対応
容量(最大)1TB1TB256GB128GB256GB
Liquid Retinaディスプレイ


Retinaディスプレイ

チップA12X BionicA12X BionicA12 BionicA10 FusionA12 Bionic
対応ApplePencill第2世代対応第2世代対応第1世代対応第1世代対応第1世代対応
True Tone

それぞれ重要ポイントの説明

価格はディスプレイのみの価格

タブレット本体の価格です。

キーボードやペンシルを一緒に買うと以外と金額がかさむのでびっくりします。

macbook買える値段に肉薄する場合もありますので、純正キーボードを買うか、またアクセサリー系を揃えると合計いくらか把握しておくと財布と心臓に優しいでしょう。

しかし注目はiPad単体が34,000から手に入る点でしょう。エントリー機として十分な価格に下がっています。

画面サイズは店頭で確認しよう

インチ表記がわかりにくいのでappleの店頭や家電量販店に置いているデモ実機を見てみましょう。

実際にアプリを開いて、表示サイズを確認します。簡単なメモパッドやイラストツールが入っているかと思いますが、その中で『Procreate』が入っていたらそれを起動して実際にお絵描きしてみましょう。

『Procreate』は高機能で安価なお絵描きアプリです。

その使い心地が画面サイズと照らし合わせて使いやすいか、使いにくければ1つ大きいサイズで試してみるなど、書き味の違いを試してみましょう。

画面サイズは12.9インチのProが断然見やすいしお絵描きには使いやすいです。ちょうどA4サイズぐらいです。

持ち運びはmini・Airに軍配

miniは電車や移動中にも使いやすいサイズですね。

Airはこのサイズでこの重量は持ち運びやすく、iPadより容量が欲しくけどiPadProほど高額なものでなくてもいいときのちょうどいい端末に仕上がっています。

一番大きい12.9inchでも十分軽いのですが、キーボードと組み合わせるとmacbook並みの重さになってしまいますね。しょうがないですけど。

容量はぶっちゃけいらない

イラストに必要な容量はそこまで多くなくてもいいと言うのが僕の率直な感想です。1TBは多すぎる。

僕のiPad Proは256GBありますが、まだ1年使っても8分の1しかありません。アプリは59個あるしイラストもレイヤー数限界まで書きまくってるのにです。

人によるとは思いますが、僕はまだ平気で3〜4年はそのまま使えると思います。

もしadobeStockなど外部クラウドがあればほぼ無敵でしょう。

あと容量とメモリの混同をされる方もいるかもしれませんが、iPadの容量は多くてもスピードが上がったりするわけではないので悪しからず。

Liquid RetinaとRetinaディスプレイの違いは

Retinaディスプレイは従来のディスプレイより解像度の高い画素がメリットですが、今は標準装備です。

むしろそれより高性能なLiquidRetinaディスプレイ搭載のほうがより色の表現がアップしているとのこと。ここら辺は見比べてみるとわかるかもしれませんが、あまり変わらないような気も。

気にならなければやすい方を選んでもいいかもしれません。

チップは高性能が有利

A12X Bionic なら高度な処理が必要な画像編集なども高速で処理してくれます。

アプリの性能がどんどん上がっているので、重くなったり固まるのを嫌う方はA12以上のチップ推奨です。同時にアプリを立ち上げた時のサクサク加減は欲しいですよね。

ApplePencilは対応していればOK

すべてのiPadにAppplePencilが対応したおかげで、どの端末でも楽しめるようになりました。

ApplePencil第2世代はキーボードにくっつけるだけでスマートに充電できるのとクリックボタンが着いたことでよりペンタブみたいに使いやすくなっています。

TrueTone搭載なら目が疲れにくい

仕様する環境光やライトの色・加減によって最適な色味に調整してくれる機能です。長時間の使用でも目が疲れにくくなります。

まとめ

お絵かきに必要な要素だけ抜き出して比較してきました。他の要素は抜いて考えています。

このラインアップで僕が買うならiPadAirが魅力的ですね。

しかし値段もサイズも気にしないならiPadProも捨てがたい。でもiPadも会社用のサブとして欲しくなってきました。

やりたいことのボリュームによって高性能機を購入するかどうかを図るのがいいかもしれません。

僕は

  • プログラミング学習
  • 写真加工
  • 3Dモデリング
  • ブログ運営
  • イラスト制作

とやりたいことが全部できるサイズと昨日のiPadProを買いました。

悩んでいる方は、一度やりたいことを書き出して検討してみましょう。

スポンサーリンク

2020年6月17日iPad

Posted by nitrokonb