【Googleアナリティクス】急に接続アクセスが落ちた時に確認する4つのポイント

2020年6月16日アナリティクス,アクセス解析-アナリティクスGoogleアナリティクス,ブログ分析

アクセス急落!? 原因を調べる方法

こんにちはスキラゲックス(Twitter:@Skillagex)です。

今回はアナリティクスのpvやアクセス数が急にゼロに!?だいたい何か原因があるはず。

そんな時に確認すべき点と、原因を調査しました。

結論としてはイージーミスの重なりから起こった現象でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回起こった事

アナリティクスで全数値指数が0に。

PVやアクセスが1日で0。

外的要因かもしくは内的要因か?落ち着いて原因を探ります。

原因を探るポイント何か計測で問題があった時に調べる箇所は

  • いつ起きたか
  • いつまで続いているか
  • 時間は関係があるか
  • 数値の動き方に特徴はないか

だいたいここら辺を観察すると原因はわかってきます。

調査箇所

日付

下がった次の日には対応できました。分からんなりにも毎日観といてよかった。

つい1日前から起こった状況らしい。

時間

時間別に動向を見ると、より詳しくなんの施策後に落ちたか判定しやすくなります。今回は。

該当する日付の時間で一気に0になっています。

もしサイトに問題があってアクセスが下がっているのなら、徐々に下がる変化が見られるはず。今回の挙動は、まるで一気にアナリティクスが剥がれたような挙動です。

思い当たる節はありました。

その日にちょうどwordpressのテーマをアップロードした日だったのです。

ワードプレステーマのアップロードは更新すると追記CSSが消えてしまうことは理解していたのですが、おそらくHEADタグに入れていたgtag.js(アナリティクスの数値を取得するjavascript)を上手くコピぺできていなかったようです。

調査結果

HEADタグ内アナリティクスのコードがコピー&ペーストが上手く出来ていなかったので貼り直します。

接続方法アナリティクス始める時と同じく貼り直し作業。

準備と手順

アナリティクスの『管理』から『ドキュメント』を開いてタグをコピー。

ワードプレスの『ドキュメント』から『編集』HEAD要素の中にアナリティクスで取得したタグをペースト。

具体的解決策:『インサイト』が教えてくれる

analyticsに2019年3月からインサイトという機能がついた。アプリでも知る事が可能。

1週間ほどの遅れがあるが、1週間前のパフォーマンスに大きな違いがあると教えてくれる。

今回の結論

今回の計測できなくなった原因は、ワードプレスのテーマを更新した時のCSSのコピペミスという初歩的なミスでした。

今回のようにはっきりした理由ならすぐ分かるのでいいのですが、他の原因だったとしても、まずはここを確認するのはいいと思いました。

スポンサーリンク